株式会社CAMPFIREが求める人材とは?働く環境や仕事内容はどうか?

株式会社CAMPFIREは、家入一真氏が代表の会社で、東京都渋谷区に所在地を置いています。株式会社CAMPFIREの事業内容は、クラウドファンディング、プラットフォームCAMPFIREの企画、開発、運営などになっています。主力事業であるクラウドファンディングは、群衆(crowd)から資金調達(funding)が可能になっており、株式会社CAMPFIREは、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームを提供しています。

株式会社CAMPFIREが提供しているクラウドファンディングの最大の特徴は、資金を出した人に対して、金利や株式などの金融リターンではなく、体験やモノ、サービスなどのプロジェクトでしか入手できないお返し(リターン)があることです。

株式会社CAMPFIREのクラウドファンディングは、金融機関などの融資や投資とは違いますので、お金を出してもらった方から、感謝の気持ちを込めて、スマートフォンケースなどの特別なお返しが、お金を出した人に渡る仕組みになっています。

CAMPFIREのミッションは、「資金集めを民主化し、世界中の誰もが声をあげられる世の中をつくる」ことになっています。「小さな火を灯しつづけるというスローガン」に基づいて、CAMPFIREは世界中の挑戦者たちを応援する人材を募集しています。

CAMPFIREは、「優しい革命をおこす」ことを仕事内容にしており、働く人たちの環境にもこだわっています。オフィスは、東京都渋谷区道玄坂で、最寄り駅は渋谷駅でテナントが入っているのは、古き良き雰囲気がただようオフィスビルです。勤務時間は、午前10時から午後7時までになっており、休憩が1時間あります。

CAMPFIREは、土日休みの完全週休2日制になっており、祝日、夏季休暇、ロング年末年始休暇、慶弔休暇などが整備されています。CAMPFIREでは、昼食や忘年会などの業務外でのコミュニケーションを重視しています。同僚でイベントやフェスティバルに行くこともあり、合宿などを通じて、従業員同士の連携をより深めることができます。

CAMPFIREは、大企業ではありません。少数精鋭のメンバーで、プロジェクトの企画、開発、運営を行っています。大勢ではなく、少人数のチームで働くからこそ、一人ひとりが仕事に対して責任と情熱をもって取り組むことができます。これにより、従業員の成長スピードも格段に上がります。