Google Cloud Next Tokyo 17

G

Google Cloud Next Tokyo 17開催

Google Cloud Next Tokyo 17が東京で開催され、最新のクラウド技術を体験できるデモブースや、独自のサービスをご紹介するスポンサーブースが用意されました。

また、体験エリアにはカフェスペースが用意されており、他の参加者やパートナー、Google メンバーとの交流の場も用意されました。そもそも、Googleの提供しているクラウド技術Google Cloud Platform(GCP) とは、Google がクラウド上で提供するサービス郡の総称です。

Google 社内で使われているものと同じテクノロジーやインフラを使用して、お客様のインフラ環境をクラウド化できます。基本的な構成要素が初めから各種サービスとして用意されているため、それらを使用してすばやく開発を行うことができます。
詳しくはこちらをご覧ください。(https://www.cloud-ace.jp/gcp/)

その他クラウドサービス

Google以外クラウドサービスでは、Amazonが提供しているAWS(Amazon Web Service)があります。

両ツールの比較については、こちらをご覧ください。
(https://www.cloud-ace.jp/case/detail10/)

Google Cloud Platformの活用事例

両社のクラウドサービスにより、インフラ投資へのコスト削減が可能となります。

なお、クラウド エース(Cloud Ace)というGoogle Cloud Platform の導入設計から、運用・保守までをワンストップでサポートする会社があります。日本における Google のクラウドを用いたGoogle Cloud Platform開発のリーディングカンパニーとして、今まで多くのクライアントへ Google Cloud Platform の導入をサポートしており、国内で多数の導入実績があります。

クラウドエースを導入いただいているクライアントはこちら
(https://www.cloud-ace.jp/case/)

まとめ

クラウドサービスの導入により、企業のインフラへのコスト削減が可能になるなら、積極的に活用することをお勧めします。