SBI Ripple Asia株式会社が求める人材とは?働く環境や仕事内容はどうか?

SBI Ripple Asia株式会社での主な仕事内容はフィンテックソリューションに関する技術提供になります。

よってSBI Ripple Asia株式会社に求められる人材はシステム開発だけではなく、金融を含めた世界的な経済情勢を把握できる能力が必要になってきます。
特にこの会社ではブロックチェーン技術を駆使したシステム開発を主な柱として使っているため、複合的な計算や状況を想定したシステム開発が必要になってくるため、主観的な物事よりも他人とのコミュニケーションによる技術進化ができる事が絶対条件です。

特に近年インターネットや支払い方法や投資方法の多様化によって、お金の流通も多様化するようになりその流れを的確にコントロールする事が必要になってきておりそういった環境の中でSBI Ripple Asia株式会社は最先端でシステムを提供する事を目標としています。
複雑なシステム開発は時間をかければある程度の知識があれば開発する事はできますが、よりスマートな開発をするには開発技術の全てを熟知し、その中で必要な物だけを取り出せる運用方法が求められます。
そのためこの会社ではソフトウェア開発者やアナリスト、データサイエンティストやコンプライアンスのエキスパートが勢ぞろいしており国を問わずシリコンバレーやウォールストリート出身者等が勤務し日夜ソリューション技術の向上に貢献しています。

この会社で現在力を入れているのは個人と企業問わず送金システムの提供で、近年取引のグローバル化が進んでいるにも関わらず大口の取引を行える銀行はその対応を行う事ができないでいます。
そのためこの状況をSBI Ripple Asia株式会社ではビジネスチャンスだという判断を下し、各種金融関係の企業へ働きかけを行い莫大な利益を獲得できる取引を行っています。

特に最近では大小問わず個人投資家の数も増加の一歩をたどっているので、フィンテック関係のシステムを開発できる人材は時代を先取りできる可能性を秘めた人材としてこの会社では積極的に採用し、歓迎しています。
そして企業の送金システムに関しても海外へ拠点を置く企業も増えているため、よりグローバルなフィンテック関連のシステムが必要になってきます。
以上の点からSBI Ripple Asia株式会社で行う仕事内容はただのソリューションシステムの開発ではなく、金融という意味で広い範囲のサポートを行う事になるためグローバルな人材を求めています。